ポンコツエンジニアのごじゃっぺ開発日記。

いろいろポンコツだけど、気にするな。エンジニアの日々の開発などの記録を残していきます。 自動で収入を得られるサービスやシステムを作ることが目標!!

Laravel 9 のリリース日延期と現行バージョンのサポート期間の変更について。

PHPで書かれたフレームワークの中でも有名なLaravelについてのバージョン情報について新たなアップデートがあったのでまとめてみました。

Laravel 9のリリース予定日

今年の9月にリリースされるんじゃないかと噂がありましたが、Laravel 9のバージョンのリリース予定日が公式より発表されました。

blog.laravel.com

記事によれば、Symfony 6.0を利用しているが、Symfony 6.0のリリース予定が2021年11月ということもあり、延期することになったようです。

version release date
Laravel 9.0 2022年1月(January 2022)
Laravel 10.0 2023年1月(January 2023)
Laravel 11.0 2024年1月January 2024

このように、Laravel 9.0以降は、Symfonyのリリース直後に合わせて、メジャーバージョンのアップデートを毎年1月に予定することで、なるべく最新のSymfonyを使うということでしょうか。

現行バージョンの各サポート期間の変更

このLaravel 9の予定日の発表のタイミングで、LaravelのドキュメントであるGitHubのlaravel/docsのリポジトリ側にも変更が加わっているのですが、#7175 [8.x] Update release datesのPRを見ると以下のようなことがわかります。

| Version | Release | Bug Fixes Until | Security Fixes Until |
| --- | --- | --- | --- |
- | 6 (LTS) | September 3rd, 2019 | September 7th, 2021 | September 6th, 2022 |
+ | 6 (LTS) | September 3rd, 2019 | January, 2022 | September 6th, 2022 |
| 7 | March 3rd, 2020 | October 6th, 2020 | March 3rd, 2021 |
- | 8 | September 8th, 2020 | March 1st, 2022 | September 6th, 2022 |
- | 9 (LTS) | September, 2021 | September, 2023 | September, 2024 |
- | 10 | September, 2022 | March, 2024 | September, 2024 |
+ | 8 | September 8th, 2020 | July, 2022 | January, 2023 |
+ | 9 (LTS) | January, 2022 | January, 2024 | January, 2025 |
+ | 10 | January, 2023 | July, 2024 | January, 2025 |

github.com

すなわち、今回の変更で以下のような赤文字に変わるということになります。

Version Release Bug Fixes Until Security Fixes Until
6 (LTS) September 3rd, 2019 September 7th, 2021 → January, 2022 September 6th, 2022
7 March 3rd, 2020 October 6th, 2020 March 3rd, 2021
8 September 8th, 2020 March 1st, 2022 → July, 2022 September 6th, 2022 → January, 2023
9 (LTS) September, 2021 → January, 2022 September, 2023 → January, 2024 September, 2024 → January, 2025
10 September, 2022 → January, 2023 March, 2024 → July, 2024 September, 2024 → January, 2025

今までは、セキュリティフィクスのサポート期限がLaravel 8.x系よりもLaravel 6.x系の方が長かったので、Laravel 8.x系にバージョンアップせずに6.x系を利用していた方もいたのではないかと思うのですが、今回の更新で、Laravel 6.x系よりもLaravel 8.x系の方がセキュリティフィクスのサポートが長くなったので注意しないといけなくなりましたね。

ただ、LTSは6.xなので悩みどころかと思います。将来的に9.x(LTS)にバージョンアップすることを考えると、今のうちに8.xに上げておくのも良さそうかもしれません。

お問い合わせプライバシーポリシー制作物